季節ごとのお悩み相談室

秋の冷えによるむくみ防止策

2014-10-10

秋は、知らず知らずのうちに体が冷えてしまい、冷えによるむくみ症状も出やすくなります。秋から冬にかけて、むくみの大きな要因の一つは身体の血管が縮むことです。体が冷えると血行が悪くなり、老廃物をスムーズに処理できずにむくみが起こってしまいます。体の冷えは、むくみと同時に代謝を下げてしまいます。
秋に体をむくませないためのポイントは3つです。
急な冷え込みから身を守るためにも、外出時には上着やストールを持ち歩くようにしましょう。オフィスなど室内で過ごすときも、すぐに体温調整ができるようにブランケットや膝掛けを用意しておくとエアコンで室温調整するよりも簡単に冷えを撃退することができます。
また、秋が旬の野菜である根菜を積極的に摂り入れましょう。土の中で育った根菜類は冷えを予防し、体を温めてくれる働きがあります。

秋は、暑すぎず寒くもない季節なので、ランニングやウォーキング、アウトドアなどに適しています。適度な運動を行うことで、筋肉を使って代謝を上げ、体の内側から温めることができます。筋肉をつけることで、温まりやすく冷えにくい体になるので一石二鳥です。

過去のお知らせ

Copyright© 2014 季節ごとのお悩み相談室 All Rights Reserved.